A3バッグ,A3鞄 アルミ【A3図面ケース】

A3図面ケース,A3バッグ,A3鞄 アルミ

Blog

フランシスベーコン

フランシスベーコン『教皇インノケンティウス10世』,nudeA3bag
Unknown-1

フランシスベーコン

フランシス・ベーコン(Francis Bacon、1909年10月28日 – 1992年4月28日)は、20世紀のアイルランドを代表する画家である。
1909年、アイルランドのダブリンに生まれた。,[1]父方を通じてニコラス・ベーコン(準男爵、下院議員。哲学者フランシス・ベーコンの異母兄)の直系の子孫であると信じられている。[2]父親のエドワードはボーア戦争に従軍した退役軍人で、競走馬の訓練士であった。小児喘息の持病があったベーコンは正規の学校教育を受けず、個人授業を受けていた。美術教育も受けていない。
1926年頃から水彩や素描を描き始めた。1927年から1928年までベルリン及びパリに滞在し、1929年からはロンドンで、家具設計、室内装飾などの仕事を始めた。油絵を始めるのもこの頃である。
1934年、ロンドンのサンダーランド・ハウスで初の個展を行う。しかし、ベーコンは1930年代から1940年代の自作を大部分破棄してしまった。
1944年から作画を再開し、1945年にはロンドンのルフェーヴル・ギャラリーで『キリスト磔刑図のための3つの習作』を発表している。
1949年には「頭部」シリーズの制作を始め、ロンドンのハノーヴァー画廊で個展を開いている。1950年から王立芸術大学(Royal College of Art)で後進の指導にもあたった。1954年にはヴェネツィア・ビエンナーレのイギリス館で展示しており、この頃から評価が定着する。
制作にあたっては、著名な過去の絵画や映画をモチーフにすることもあり、ベラスケスの 『教皇インノケンティウス10世の肖像』や、映画『戦艦ポチョムキン』 を元にして激しく変形した作品(映画『戦艦ポチョムキン』の中の保母のための習作)が知られる。
ウイキペディアより

フランシスベーコンは好きな芸術家だ。大体において僕はこういった人間がくずれて壊れた様な絵を描き、現実をひねた目で見た芸術家が好きだったりする

後に紹介しようと思うキリコもフランシスベーコンとはまた違った意味で壊れたガラクタのような絵を描く画家だがなぜか気になる。

なぜそんな物が好きなのかと聞かれても説明のしようも無いのだが、崩れ行くものの儚さを思うのだろうか? それとも、そこに隠された謎めいた何かを読み取ろうとするのが好きなのだろうか?

自分自身でもよくわからないところだ。たとえば、写真を撮ると言う行為を僕は好んでするが、もっぱら携帯電話でカシャカシャ適当に撮る。携帯も進化して一眼レフでなくても結構奇麗な写真が撮れる。人は美しい夜景や、美しい花を写真にとったりするものであるが、僕の場合はガラクタばっかり写真に撮っている。たとえば、香港の街頭の汚れたシャッターに張られた汚い張り紙を見つけたとき、そこになぜか美しさを感じてシャッターを切ってしまったりする。壊れて行く物が偶然に示した美しさみたいなものが気になる。現実としてそれを目の前にして見るとやはり汚いただの張り紙なのだが、シャッターにおさめたその後、ファインダーで切り取られた画像として見ると手慣れた芸術家が描いた抽象絵画のように美しい表層を表していたりする。
ベーコンの話に戻そう。
ベーコンの絵にはノイズの様なものが本来のテーマの上に描き加えられている それはぶれた様な表現だったり、カーテンの様な物が重ねられて絵に表現されているため、はっきりしない。 描こうとしている主題に全く別の画像、をノイズの様に重ね合わされるので、何が描かれているのかと見る者が目を凝らす。
ベーコンは何の関係もない違った映像シーンを主題に重ね合わせる。 それは人間の叫びの画像だったりする。
そのようなものをちょうどサブリミナル画像のように意識と潜在意識の境界領域より下に刺激を与え
こっそり絵画に入れてしまう。ベーコンなりのノイズを絵画に入れることによってなにか次元の違うものが描かれてゆく。

さて、その一枚を紹介しよう、ブログの表紙に使っている絵、
フランシスベーコンのこの不気味な絵。前回ベラスケスで紹介した教皇インノケンティウス10世
の絵の構成にそっくり。というか、明らかにインノケンティウスの精神の内面を描いた絵だろうと想像出来る。
壊れた人間の精神の叫び インノケンティウス10世ってどんな人物だったのだろうか?と疑いたくなる
虐殺でもしたのかな?と思わず調べてみたが、 どうやらそういう経歴はなさそう。 どうしてベーコンはこの人をこんな風におどろおどろしく描いたのであろうか?たしかに教皇であるこの人物は怖い男に見える 神に仕える身でありながら、冷淡で神経質そうで 人の失敗を決して許さない様な狡猾な老人という感じに見えるが、そこまでしなくてもよかろうと思うほど、まるで悪魔の申し子のように批判的な目でとらえている。さて、ベーコンの絵には前期と後期があると僕自身は思っている 教皇インノケンティウス10世の絵画を描いたのは前期の作品。 前期の作品の他には、裸の男同士が激しく交わり動いている絵 写真のブレの様な効果でふたりの男の動きを表現しており、また、そのブレは、ノイズとなって男達が何をしているか隠そうとしている様にも見える。また、違う絵では犬が、下水の排水口の中に何かを見つけ吠えている。何を見つけて吠えているのだろうか?

手の指でこすってわざと汚した様な効果、オドロオドロしい色使い 救いの無い人間の姿や、暗黒の闇から何かがはい出してくる様なイメージ
一言で言って暗く陰湿できたならしい絵。 しかし、後期になるとそのおもむきが変わる
ベーコンの前期と後期、僕自身はどちらが好きかと聞かれたら、僕が好きなのは後期。なぜならば、
不気味さが緩和される。 それどころかどことなくユーモラスで美しさを感じる絵になる。灰色の混ざったピンクや ブルー オレンジを取り入れたりしている。
後期においても、相変わらず壊れて行く肉体 肉塊の様な絵を描く画家だが、ベーコンは同性愛者でもあった。だからと言う訳ではないのだろうが、肉体的、性的なものをテーマにしている物も多く、モチーブはもっぱら男性である。

後期の作品を紹介しよう

images-1

ベーコンは後期このように三連の絵を描いたりする事が多くなった。色彩も奇麗になった 相変わらず不気味な絵なのだがユーモラスで救いを感じる。それにしても、これらの鳥の様な動物の様な怪物の様な絵、どうもぼくにはペニスに見えて仕方が無い。
それぞれのペニス?には、目が描かれていない。一番左端は、はにかんだように向こうを向いている。
真ん中は怪我でもしているように包帯を巻き、一番右は顔の半分が男性が使う小便器のように開けられた口になっている。
右端の足もと。芝生の様な物。陰毛に見えてしまうのは僕だけだろうか?
崩れかけた、性病にでも犯されたのかと思える様なペニスたちが壊ていく、どこかユーモラスで、不気味であるがなぜか美しさも感じるのは僕だけだろうか。