A3バッグ,A3鞄 アルミ【A3図面ケース】

A3図面ケース,A3バッグ,A3鞄 アルミ

Blog

マルセルディシャン

マルセルディシャン

マルセル.ディシャン   僕が一番すきな芸術家を一人あげてみろと言われたら迷わずマルセルディシャンこの人をあげるだろう ただし、この人の友達になりたいとか、生徒になりたいとか、社員になりたいとか、そういうことは…

日本の伝統美術と琳派

日本の伝統美術と琳派

若い頃の私は、日本人の手によるデザインが素晴らしいとは特に思わなかったものです。なぜなら、日本には日本にしかない独特のデザイン様式があると思えなかったからです。私自身大学で習うデザインや、華やかなデザイン雑誌にはバウハウ…

STRANGER THAN PARADISE

STRANGER THAN PARADISE

ストレンジャーザンパラダイス  (1984) 僕はこの映画を24歳の時に見た計算になって、当時僕は独身だった。そのころ、この映画を劇場で、たしかに今の奥さんと見に行ったはずである ところがどうだろう?このブログを書く前に…

タイマーズ(A3図面ケース)

タイマーズ(A3図面ケース)

日本の音楽アーチストの中で最も好きなアーチストは誰ですか?ともしも聞かれたなら 迷わず僕はこの人を上げる。 忌野清志郎 僕はずっとこの人のことを(いまわの きょうしろう)と思っていた じつは(いまわの きよしろう)だった…

ピカソとコロッケ(A3バッグ)

ピカソとコロッケ(A3バッグ)

これから、ピカソとコロッケの話をしようと思う 『ピカソはわかるんだが?コロッケってあの食べるコロッケ?』と言われそうだから、説明しておきます。僕の言うコロッケとはモノマネお笑い芸人のコロッケです。 若い人はコロッケという…

奇跡のリンゴ (A3鞄)

奇跡のリンゴ (A3鞄)

(日本の神) ライフオブパイの神の話をした。ここでもう一つ東洋的な神の話をしよう。 日本人は信仰を持たない人種だといわれるが、それはそうではないと僕は思う。 奇跡のリンゴと言う自伝がある。無農薬リンゴを作ろうとして11年…

ライフオブパイ(日本の神と西洋の神1)

ライフオブパイ(日本の神と西洋の神1)

ライフオブパイという映画 いきなり、あらすじ。(ネタバレ注意!)笑 物語はパイと言う中年男の回想シーンから始まる。 パイは少年の頃 インドの動物園を経営する家族と一緒に暮らしていたが、ある日ベンガルトラの檻に近づきトラと…

PCケース,A3デザインバッグ,A3図面ケースのNUDE

PCケース,A3デザインバッグ,A3図面ケースのNUDE

NUDEは建築家の方プレゼンテーターの方、音楽家の方、デザイナーの方々のお客様にご好評いただいております。PCケースとしても、図面ケース、楽譜バッグ、ここぞのプレゼンテーションにA3サイズをファイルごとスッポリ入れて持ち…

カザマランドセルオープン(A3図面ケース)

カザマランドセルオープン(A3図面ケース)

弊社のnudeと言うブランドは実店舗を持っていません。A3図面ケースは純粋にネット販売のみです。でずが、エムディオフィスにご来店いただいた方にはお見せすることが出来ますのでお気軽にお越し下さい。 しかし、その場所はカザマ…

 KJ法と言うデザイン開発の手法と構造主義

 KJ法と言うデザイン開発の手法と構造主義

リチャードドーキンスの利己的な遺伝子という書物は構造主義と言う哲学に影響を受けているのでは無いかと僕は思う。 ところで、ドーキンスの話とは全く関係はないのだけれど 構造主義は曖昧な事柄を分類しグループ分けすることによって…

利己的な遺伝子

利己的な遺伝子

クリントン・リチャード・ドーキンス(Clinton Richard Dawkins, 1941年3月26日 – )は、イギリスの動物行動学者であり進化生物学者。The Selfish Gene(『利己的な遺伝…

開発秘話 その4,A3図面ケース,A3バッグ

開発秘話 その4,A3図面ケース,A3バッグ

デザインと芸術について。 デザインと芸術の違いについてはいろいろな人が色々と論議の対象にして来ているので いまさら と言う感じがしないでもないけれど、デザインと芸術の違いを僕なりの観点と経験をふまえで考えてみようと思う …

クラフトワーク RADIO ACTIVITY

クラフトワーク RADIO ACTIVITY

大阪万博が開催された1970年に このバンドは結成された。 クラフトワーク アルバムRADIO ACTIVITYを紹介する この音楽!これ!この音楽を初めて聴いたときの脳天がしびれる様な驚き! 暗い!無機的である。うつろ…

岡本太郎 呪術と芸術

岡本太郎 呪術と芸術

日本の芸術家達が光り輝いた時代が有る 1970年の万博の時代だ。
横尾忠則はパビリオンである繊維館で独特の表現をした。まるで、黄泉の国から現れた異様な壊れた建築物、それが横尾の繊維館だった。
横尾だけではない 続々と芸術…

横尾忠則 異界と死

横尾忠則 異界と死

三島由紀夫と芸術と言えばこの人を意識せずにはいられない。 異界のアーチスト横尾忠則である。 横尾忠則は、死を恐れるあまりに死を理解しようとした。それが作品に色濃く現れてくる。 代表作品に1965年に横尾忠則死亡広告を発表…