A3バッグ,A3鞄 アルミ【A3図面ケース】

A3図面ケース,A3バッグ,A3鞄 アルミ

Posts Tagged "人物"

タイマーズ(A3図面ケース)

タイマーズ(A3図面ケース)

日本の音楽アーチストの中で最も好きなアーチストは誰ですか?ともしも聞かれたなら 迷わず僕はこの人を上げる。 忌野清志郎 僕はずっとこの人のことを(いまわの きょうしろう)と思っていた じつは(いまわの きよしろう)だった…

ピカソとコロッケ(A3バッグ)

ピカソとコロッケ(A3バッグ)

これから、ピカソとコロッケの話をしようと思う 『ピカソはわかるんだが?コロッケってあの食べるコロッケ?』と言われそうだから、説明しておきます。僕の言うコロッケとはモノマネお笑い芸人のコロッケです。 若い人はコロッケという…

 KJ法と言うデザイン開発の手法と構造主義

 KJ法と言うデザイン開発の手法と構造主義

リチャードドーキンスの利己的な遺伝子という書物は構造主義と言う哲学に影響を受けているのでは無いかと僕は思う。 ところで、ドーキンスの話とは全く関係はないのだけれど 構造主義は曖昧な事柄を分類しグループ分けすることによって…

クラフトワーク RADIO ACTIVITY

クラフトワーク RADIO ACTIVITY

大阪万博が開催された1970年に このバンドは結成された。 クラフトワーク アルバムRADIO ACTIVITYを紹介する この音楽!これ!この音楽を初めて聴いたときの脳天がしびれる様な驚き! 暗い!無機的である。うつろ…

岡本太郎 呪術と芸術

岡本太郎 呪術と芸術

日本の芸術家達が光り輝いた時代が有る 1970年の万博の時代だ。
横尾忠則はパビリオンである繊維館で独特の表現をした。まるで、黄泉の国から現れた異様な壊れた建築物、それが横尾の繊維館だった。
横尾だけではない 続々と芸術…

横尾忠則 異界と死

横尾忠則 異界と死

三島由紀夫と芸術と言えばこの人を意識せずにはいられない。 異界のアーチスト横尾忠則である。 横尾忠則は、死を恐れるあまりに死を理解しようとした。それが作品に色濃く現れてくる。 代表作品に1965年に横尾忠則死亡広告を発表…

三島由紀夫 エロスと国家と死

三島由紀夫 エロスと国家と死

1970年(昭和45年)11月26日の朝  丁度僕が二階の寝室から眠い目をこすりながら一階におりて来た時に母親は畳の上に新聞を広げていた。 その新聞には中年の男性が大きく映っており、 その男性は身体にぴったりとあった軍服…

Knockin’ on heaven’s door  1997

Knockin’ on heaven’s door 1997

ブレードランナーのルドガーハウアー この俳優は個性の強い俳優で、強烈な印象を残す。 実は、ルドガーハウアーの出演している映画で僕の大好きな映画が有る 色々な映画の中で、もしかしたら、一番好きな映画かもしれない。 その名も…

ブレードランナー

ブレードランナー

ブレードランナー(アンドロイドは電気羊の夢を見るか?) 手塚治虫は火の鳥の復活編で生命と物質の境界は何なのか?というテーマの漫画を描いたことがある。先ほど紹介した、宇宙編も面白かったが この、復活編もそれなりに面白かった…

手塚治虫 火の鳥

手塚治虫 火の鳥

スタンリーキューブリックが2001年宇宙の旅を制作する為に、手塚治虫に協力を仰いだのは有名な話である。 手塚治虫は晩年この頃の事を残念そうに語ったのだが、渡米を一年間において強制されてしまう為、全ての連載とアニメーション…

2001年宇宙の旅

2001年宇宙の旅

スタンリーキューブリックと言えば、もっとも有名な映画は2001年宇宙の旅ではないかと思う スタンリーキューブリックの名を知らない人でもよほどの映画嫌いでもない限り、この映画を知らない人はいないのでは無いか? 僕はこの映画…

チューブラーベルズ

チューブラーベルズ

チューブラーベルズ.A3bag nude ピンクフロイドで、プログレッシブロックを紹介したが、プログレッシブロックと言えば、チューブラーベルズと言うアルバムがある チューブラーベルズとは楽器の名前で、金属製のチューブを曲…

フロイド

フロイド

フロイド.A3bag nude キリコは自らの絵画を形而上学的絵画と呼んだ。この頃の絵画はダリも含めて少なからずフロイトが唱えた無意識と関係があると思われる。キリコもダリも、無意識の心の領域を描こうとしているのはフロイト…

つげ義春 無能の人

つげ義春 無能の人

つげ義春 無能の人,nudeA3bag つげ 義春(つげ よしはる、1937年10月31日(実際は4月の生まれ) – )は、漫画家・随筆家。本名:柘植 義春(読み同じ)。『ガロ』を舞台に活躍した寡作な作家とし…